丸山永畝略歴

1886(明治19) 6月2日 丸山忠次郎(本名)長野県上諏訪に父(常蔵)母(もと)の次男として生まれる。
1906(明治39)
20歳 
画業を志し上京 荒木寛畝に入門。画塾「読画会」(どくがかい)の会員となる。寛畝の死後は会長となった兄弟子の荒木十畝らと写生旅行を度々行う。水禽・花鳥・風景画を得意とする。
日本美術協会展など展覧会に出品し、入選。
1914(大正3)
28歳
日光・塩原、信州方面へ写生旅行。明治の後期から大正初めにかけて各地へ写生旅行に出掛ける。
1918(大正7)
32歳
十畝門下の荒井菜畝=本名・幸(コウ)と結婚、本郷弓町に住む。
1923(大正12)
37歳
関東大震災のため豊島区駒込へ転居。六義園、上野公園、動物園などで頻繁に写生を行う。
1931(昭和6)
45歳
第12回帝国美術院展 初入選 「水禽」
1934(昭和9)
48歳
十畝らとともに目黒雅叙園の格天井画制作に参加。
この頃以降は官展に出品することはなくなる。 
1937(昭和12)
51歳
十畝、池上秀畝らと講談社の絵本に挿し絵を描く。  
1944(昭和19)
58歳
戦争のため長野県上諏訪、後に東筑摩郡山形村に疎開、写生を続ける。先輩の十畝、秀畝が死去し画壇からさらに遠のく。
1950(昭和25)
64歳
東京に戻り、狛江に住む。毎日近所に写生に出かけ、風景、人物など膨大な数の写生帖を残す。(約300冊、2万点余り)
1956(昭和31)
70歳
画業50年の記念頒布会を行う。
1962(昭和37) 5月10日 75歳で死去。(数え76歳)
1986(昭和61) 妻・菜畝90歳で死去。
* * * * * * * * * * * * *
2006(平成18)
10月28日〜11月26日
東京都世田谷区立郷土資料館にて特別展
『野の画人 丸山永畝の写生帖』が開催される。
同年10月28日〜11月5日 東京都狛江市泉の森会館にて
『永畝の描いた狛江・そして今』展が開催される。
2007(平成19)
10月15日〜23日
狛江市泉の森会館にて『丸山永畝の写生道』展が開催される。
EPSON005-1.jpg

eiho-00.JPG
丸山永畝・菜畝 昭和37年正月

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。