日本国名勝画譜(二)


1Eiho Maruyama
浅間神社之 富嶽

2Eiho Maruyama
大正池 穂高嶽

3Eiho Maruyama
木崎湖 花の頃

4Eiho Maruyama
大町 雪の山岳

5Eiho Maruyama
浅間山の遠望

6Eiho Maruyama
初夏の美ヶ原

7Eiho Maruyama
鉢伏山 奥の院 三峰山

8Eiho Maruyama
高ボッチの展望

9Eiho Maruyama
信州 天龍峡

10Eiho Maruyama
木曽 御嶽山

11Eiho Maruyama
日光 湯瀧

12Eiho Maruyama
日光 湯の湖

13Eiho Maruyama
塩原 雄飛瀧

14Eiho Maruyama
葉山の海岸

15Eiho Maruyama
相洲 江の島

16Eiho Maruyama
会津 磐梯山

17Eiho Maruyama
那須山

18Eiho Maruyama
箱根権現

19Eiho Maruyama
熱海 魚見崎

20Eiho Maruyama
長濱の蜜柑

21Eiho Maruyama
堂ヶ嶋 全景

22Eiho Maruyama
霧ヶ峰



4「大町 雪の山岳」
これからお昼の休憩なのでしょうか・・やかんとお弁当?を持って、子供を連れて田んぼへ・・・そびえ立つアルプスの麓での畑仕事、人の動きが生き生きしています。

8「高ボッチの展望」
高ボッチ高原は鉢伏山に連なる高原です。360度の展望が楽しみです。紫色の花はマツムシソウでしょうか。
富士山と眼下に諏訪湖を展望するこの絵と同じ風景がこちらで見られます。すばらしい展望写真→ 高ボッチ山

15「相洲 江の島」
江の島に橋が架けられたのは明治30年(1897年)だそうです。大正3年の写生があることからこの絵の橋は初代の橋なのでしょう。


2007年撮影
江の島
江の島


22「霧ヶ峰」
富士山、八ケ岳を望み、ニッコウキスゲとマツムシソウ、アザミ、霧ヶ峰を代表する花が描かれています。
霧ヶ峰は永畝の生まれた諏訪から近く、また蓼科には本家の飯田家の別荘(隠居所)があったと聞きました。度々訪れていたと思われます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。